女性

失敗しないようにするには

カウンセリング

医師の得意分野もある

一重を二重にしたいのであれば、まずはその準備として美容整形外科をリサーチします。ダウンタイムはどれぐらいあるのか、仕事がある人は休む必要があるかどうかなど計画を立てるようにしましょう。二重術のなかには、痛みや腫れがほとんどなくしかも短時間で完了する埋没法という手術方法があります。抜糸があるかどうかなどもよく見て決めるようにしてください。美容整形外科の先生も、埋没法が得意な先生もいれば切開法が得意な先生もいます。申し込む段階でその先生がどの分野を得意とするのか口コミや施術法を見る必要があるのはこのためです。口コミなどがなければクリニックの医師紹介欄を見るなどしてリサーチしておいてください。また、クリニックでは必ずカウンセリングが最初に行われますが、このときまぶたが腫れた状態で行くと正確な診断ができません。目が通常の状態のときに診てもらうようにしましょう。もちろん、二重メイクもしないようにしていきます。目と眉のバランスを見るためにも眉は整えていく必要があります。そして何より、医師になりたい目を正確に伝えることが大切です。目は顔の中でもとても重要な位置を占めるので、失敗したら大変です。クリニックの中にはもしもの時のために手厚いアフターケアをしているところがあります。二重整形をした後、再度修正手術をする場合の費用が無料としているところであれば安心です。しかし、クリニックを受診するときはそのサービスに甘んじるのではなく、仕上がりを最初に頭に描き、目のデザインを医者とよく相談してから決めることが大切です。よってシミュレーションでイメージを描けるようなソフトを導入していて、口コミで理想通りの目にしてもらえたというようなクリニックを選ぶといいでしょう。特に切開法は一度すると半永久的にそのままの形になります。後悔しないよう、口コミも参考にしながらそのクリニックのアフタサービスや医師への相談のしやすさを検討してみてください。麻酔の方法も豊富に用意されていれば、手術の痛みも抑えることができます。ダウンタイムもよく取り組んでいるところを選ぶと、早くメイクができるなど生活に支障なく二重の整形手術が受けることが可能です。