女性

目が大きくなる手術

目元を触る人

手術の効果や種類

目もとを劇的に変えることができる、口コミで人気の手術が二重まぶたの美容整形です。二重まぶたの手術をするのは、目の大きさやバランスを整えて顔立ちを良くしたい人たちです。実際一重まぶただと目つきが悪いと言われて、第一印象がマイナスになることがあります。また、女性であればアイライナーやアイシャドウが塗りにくいのも一重まぶたの欠点です。いまは生まれつき一重まぶたであっても、接着剤やテープなどの口コミで話題のアイデアグッズを利用すれば二重になります。しかし、一時的にひだを折り込んで作るだけで、メイクを落とすクレンジングをすれば元の一重まぶたに戻ってしまいます。また、接着剤やテープなどの種類によっては汗や水で取れやすいので、いつ取れてしまうか心配でストレスがかかるのも事実です。しかし、美容外科で二重のひだを作る美容整形をしてしまうことで、そのような問題は解決します。美容整形なら取れる心配がなく、いつでも二重まぶたのままです。また、自分がなりたい大きさやバランスの目もとになれます。埋没法は、切らないで目を二重にする美容整形です。口コミ人気が高く、若い人や初めて二重のひだを作る美容整形手術にチャレンジする人たちが、埋没法を選択しています。ノー切開の埋没法はまぶたの腫れや出血や痛みなどが少ないことから、気軽にできるのがメリットです。手術費用も5万円前後と、顔立ちを大きく変える美容整形にしては格安です。埋没法には沢山の術式があり、種類によっては時間の経過と共に糸が緩んだり切れたりして、もとの一重まぶたに戻るリスクをはらんでいます。しかし、糸を取れにくいようにかけて結ぶ埋没法なら、半永久的に効果が持続します。一生二重になりたいなら、戻らない埋没法をしてくれる口コミで評判の良いクリニックを選ぶことが大切です。どうしても二重を維持したいなら切開法があります。メスでまぶたを切開して縫合する切開法なら、一生効果が持続して二重まぶたのままです。ただダウンタイムが長くなるので、手術をしたあとは安静にして過ごす時間を作ることが大切です。