女性

種類を知ろう

カウンセリング

特徴は何だろう

一重の目に対するコンプレックスを解消する方法の一つとして選ばれるのが二重整形で、現在では全国各地でその施術が行われています。ただ、一重を二重にする手術ですが、実際には大きくは2種類に分ける事が出来、患者はどちらかの方法を選びます。まず一つは切開法と呼ばれる物で、これはまぶたを切開してから縫合する事で二重を作る手術法の事です。ダウンタイムは必要となりますが、一度切開して中の余分な脂肪を取り除き縫合する手術法となるので、二重の線が消えてしまうことはありません。口コミなどを見ても簡単にその情報を調べる事は出来ますが、確実に一重を治したいと言う人や、目が腫れぼったい人に向いている術式です。手軽に整形を行えると言う事で口コミでも人気を集めているのが埋没法と呼ばれる方法で、これはまぶたを切開するのではなく糸を利用して二重を作る方法です。現在では非常に細い糸を利用しており、切開法に比べるとはるかに短いダウンタイムとなっている点等も人気を集める理由です。まぶたがそれ程腫れぼったくない人や、手軽にコンプレックスを解消したいと考えている人等に向いていると言われる術式です。二重整形に関する口コミは数多くありますが、先ず知っておくと良い情報としては、それぞれの術式には違いがあると言う事です。埋没法は非常に手軽に行う事が出来、糸を留める箇所の数によっても仕上がり等は大きく変わってきます。もちろん糸をただ埋め込んでいるだけの状態なので、もう少し違う二重にしたいと考える場合は、再手術もしやすい術式となっている点もこの方法のメリットです。さらに実際の手術に要する時間が経の術式に比べてもかなり短いと言う点も、埋没法の大きな魅力だと言う事が出来ます。切開法は実際にまぶたにある脂肪等も同時に取り除く事が出来る方法で、腫れぼったいまぶたでもスッキリとした印象にする事が出来る点等が口コミでも評価されています。またこの術式の大きなメリットは、二重がその後消えてしまうことがなく、ずっとこの状態を維持できる事です。もちろん二重整形をする時に同時に眼瞼下垂の手術も行えば、眠たそうな印象を与える目をよりスッキリとした印象にする事も出来ます。